太陽誘電のBluetooth方向検知機能を活用した新たな位置検出ソリューションの可能性

2020年のBluetooth 市場動向によると、位置情報サービスは最も急成長しているBluetooth®ソリューション分野です。Bluetoothの位置情報サービス機器の年間出荷台数は、2024年までに推定5億3800万台に増加すると予測されており、2019年から…

芳和システムデザインが実社会で採用しているBluetooth位置情報サービスの7 つの活用方法

Bluetooth技術は、探し物探索や資産追跡から屋内測位、アクセスコントロールまで様々な位置情報サービスの活用事例を長年にわたり実現してきました。そしてこれらのイノベーションの…

Bluetooth技術は信頼性の高い長距離ソリューションをどうやって実現しているのか?

Bluetooth® 技術のワイヤレス通信業界における成功は、従来型のシンプルなデータ転送とオーディオ以上の利用へと成長を遂げました。Bluetoothは近距離通信専用の無線技術であると誤解されやすいですが、LE Coded PHY以前のおよそ4倍の通信距離を実現し、新たな用途でBluetoothが活用される可能性を作り出しました。

太陽誘電のBluetooth方向検知機能を活用した新たな位置検出ソリューションの可能性

太陽誘電のBluetooth方向検知機能を活用した新たな位置検出ソリューションの可能性

COVID-19|Direction Finding|Location Services| 位置情報|方向検知機能2020年のBluetooth 市場動向によると、位置情報サービスは最も急成長しているBluetooth®ソリューション分野です。Bluetoothの位置情報サービス機器の年間出荷台数は、2024年までに推定5億3800万台に増加すると予測されており、2019年から2024年の年平均成長率(CAGR)は34%と推定されています。Bluetoothコア仕様の最近のバージョンで導入された新機能Bluetooth方向検知機能は、開発者によるBluetooth位置情報サービスの最適化を可能にする高精度な屋内測位をサポートしています。...

read more
Bluetooth技術は信頼性の高い長距離ソリューションをどうやって実現しているのか?

Bluetooth技術は信頼性の高い長距離ソリューションをどうやって実現しているのか?

Case Study|長距離|Long Range| 信頼性|ReliabilityBluetooth® 技術のワイヤレス通信業界における成功は、従来型のシンプルなデータ転送とオーディオ以上の利用へと成長を遂げました。Bluetoothは近距離通信専用の無線技術であると誤解されやすいですが、LE Coded PHYは以前のおよそ4倍の通信距離を実現し、新たな用途でBluetoothが活用される可能性を作り出しました。 今回、構造計画研究所の西浦升人氏にお話を伺い、Long Range...

read more
芳和システムデザインが実社会で採用しているBluetooth位置情報サービスの7 つの活用方法

芳和システムデザインが実社会で採用しているBluetooth位置情報サービスの7 つの活用方法

Case Study|Location Services|位置情報| Bluetooth Low EnergyBluetooth技術は、探し物探索や資産追跡から屋内測位、アクセスコントロールまで様々な位置情報サービスの活用事例を長年にわたり実現してきました。そしてこれらのイノベーションの需要は更に増え続けています。「Bluetooth市場動向2020」によると、Bluetooth対応位置情報サービスデバイスの年間出荷台数は2024年に5億4300万台に達すると予測されており、2019年から2024年までの年平均成長率は34%と見込まれています。位置情報サービスは今なお最も急速に伸びているBluetoothのソリューション分野とされています。 この度、芳和システムデザインの工藤美那子氏と話す機会に恵まれ、Bluetooth技術をどのように用い、位置情報サービスを提供しているのか、荷物探索ソリューションを含めご説明いただきました。また、同社の主力製品であるBluetooth...

read more